免疫力の向上

驚きの効能

注目されるワケとは

現在確認されているだけでもかなりの効能が確認できますが、がんに最も有力なのが免疫力が高くなることです。がん細胞があるうちは細胞が活発化するため、抗がん剤治療が用いられますが体力に限界がくることもあります。近年の治療では自身の免疫力を上げることでがん細胞を小さくする免疫療法が盛んに行なわれていますから、それに乗っかる形でプロポリスの人気に拍車がかかっています。

活性酸素の抑制

大自然のバリアだといわれるプロポリスは殺菌能力と消毒作用を合わせ持っています。この作用においてはがんだけではなく様々な病気の予防と完治に貢献してくれるありがたい効能です。体内にある活性酸素は侵入してきた病原体や毒物の排出をする一方で、酸化力が強くなると細胞まで酸化するため老化が早まります。その影響でがんが体の中で発生する可能性も否めないため、予防としてプロポリスが飲まれているのです。

アルテピリンCがカギ

プロポリスに含まれている成分の中にアルテピリンCがありますが、これががん細胞の増殖を抑える事がわかっています。ただプロポリス自体が薬品ではないため、食品としてがん予防や再発防止に活用されています。研究はまだ続いているのでゆくゆくは体に負担のかからないがん治療として仲間入りするでしょう。

副作用の軽減に繋がる

がん治療で最も辛いのが副作用です。吐き気や嘔吐、体の倦怠感に悩まされる人も多く少しでも副作用を抑えるためにプロポリスを服用する患者もいます。さらには放射線治療による炎症の悪化を防止できたという研究結果が発表されているので治療の負担を軽減できると期待されています。

広告募集中